Jekyll セミナーに行って来た

3月26日に釧路工業技術センターで開催された”Jekyllによる静的Webサイト構築入門”に参加してきました。

講師に、えにしテック設楽さんを迎えてのハンズオン形式。

Jekyllとは・・・
Rubyで作られた、Markdown記法のなどのファイルからhtmlを生成してくれたりするブログジェネレータのようなツールのようです(俺訳)
4/1追記しました

情報源としては、github内のmojombo氏のトコとか。
日本語だと Jekyll導入メモ とか Big Skyさんの記事 でしょうか。

要するに、手打ちでhtml全部入れてたら(コピペも出来るけど)大変だし、ミスとかも出るよね。
だからある程度部品に分けておいて、必要なときに必要な部品を集めて自動でhtmlに出力させちゃえ。て事なんだろうな。と覚える事にしました(*鵜呑み厳禁)。

今回のセミナーではとあるサイトをゼロから構築してみよう。という事で、最初にJekyllが動く環境を用意して、その後、サンプルサイトの作成となった訳ですが、まぁ全部のhtml手打ちで開始なので面倒w

どれだけ面倒かを思い知った後で、Textile記法で省略したものに書き換えていく事により、Jekyllさんの働きへの感謝の気持ちが増す。という見事なストーリーでした。

続きはまたあとで。

==以下04/01追記==

で、苦労して入力したhtmlタグをばっさり削って個別記事用のTextileファイルに書き換えてJekyllさんにhtmlを生成してもらえる事を体験し、セミナーの終了予定時間を過ぎてしまっていたので前述のポインタの紹介などをして頂いて終了。

当日はその後ヨメ実家に春休み帰省している家族を迎えに札幌へ行くことになっていたので、いそいそと札幌へ向けて移動を開始。
無事に実家に到着し、就寝。

翌朝は実家があるマンションに Bフレが(やっと)導入される事になり、その説明会があったので両親の代理で出席する必要があったので、それまでの時間でJekyll環境を用意したり。

Jekyllについて、基礎的な事から解説している日本語サイトが少ないようなので、今後もアレコレいじりながら記録していこうと思っています。