#946oss ミニイベントvol.1 発表関連(1)

パスワード・マトリクスの例
パスワード・マトリクスの例

発表資料はそのまま掲載出来ないので、別途記事を作成して公開します。

取りあえず、LDD’10/fall in KUSHIRO の時も含めて、意外と反響があったパスワード・マトリクスについて。

僕は、写真のような感じで、5x5マスの枠の中に英数字(大文字、小文字混在)が書いてあるモノを複数用意して(A4用紙に10個とか)使っています。
例えば、写真だと合計で10x10マスに不規則に英数字が記載されています。
この中で、自分なりにパスワードのルールを決めます。
左から3列目の上から4行目のマス(ここだと「3」)から右へ8文字など。
すると、この場合は「 3HvWFpQj 」という8文字の不規則な文字列が出来上がります。

こんな感じで、利用するサービス毎に「このパスワードは上から7行目」としてみるとか。あまり、凝った事をすると使い勝手が悪くなりすぎるので、適度な感じで。

職場の同僚が、エクセルで作ったモノなのですが、そのエクセルファイルを開くたびに、枠の中に表示される英数字が更新される仕組みになっています(どんな関数やマクロを使っているのかは知らないです←)。

プライベートで使うなら、キーボードを滅茶苦茶に触って、不規則な文字列を用意してもいいでしょうし、「パスワード生成」とかで検索すると、ランダムな文字列を生成してくれるサイトやサービス、ツールも見つかると思いますので、それらを利用して25マス分の文字を用意するのもアリかと。

いずれにしても、やり方は一つではないので手軽な、継続しやすい方法を見つけて利用し続けるのが安全だと思います。

皆さんのご参考になれば幸いです。