タグ別アーカイブ: #946oss

LOCAL DEVELOPER DAY’11/Fall in KUSHIRO について

9月17日に開催された #ldd11f LOCAL DEVELOPER DAY’11/Fall in KUSHIRO
( http://blog.kushi.ro/ldd11f/ ) について。

昨年に引き続き、釧路で開催されたこのLDD(LOCAL DEVELOPER DAY)にスタッフとして参加させて頂きました。

会場は昨年と異なり、まなぼっと(生涯学習センター)という非常に大きな建物でした。

既に多くの方が、各セミナーについての感想やご意見などを公開されていて、イベントスタッフだった自分がブログに書くのも今更感たっぷりなのと、会場関係であちこち歩いてて、それぞれのコマをちゃんと聞いていないのもあるのでざっくりと。

・会場準備:
-そんな大げさなアレじゃないんですが、会場案内の張り出しや来場頂いた方への配布物、恒例となった名札のシールを並べる、まずはサンプル的に自分が名札をデコっておく、など。
あ、 @june29 さんとは前夜から懇親会まで含めていろいろお話し出来て嬉しかった。

・1コマ目:「OSSサービスサプライヤーの目からみたOSSの活用の現状」
稲葉香理さんによる基調講演。

・2コマ目: 「いま、ここから見える釧路」
大和田純さん(@june29)による講演。

-まさか、このお二人の講演を釧路で聞けるとは思っていませんでしたし、参加して頂いた多くの方も、真剣な表情で聞いていらっしゃいました。

・Free Talk Time.
-こちらも恒例となった懇親タイム。今回はスタッフとして適切な行動を取りきれなかったと反省。。。
ご参加頂いた皆さんが積極的にお手伝いして下さった事に感謝。
最年少参加者(中学生)の つばめくんともう少しお話したかった。
懇親タイムのスイーツ。沢山の差し入れありがとうございます。
・3コマ目: 「ITで釧路をデベロップする!」
-初の試み(と言ってもイベント自体二回目だけど)パネルセッション
先の稲葉さん、大和田さん、そして小松正明釧路市副市長にご参加頂いて、釧路OSSコミュニティ代表の斉藤さんという四名でのディスカッション。
もっと聞きたい、と感じました。

・4コマ目: デベロッパーセッション
-このセッションのみ3部屋に分かれてそれぞれの部屋で以下の講演。
–「Rubykaigi2011ネットワークの秘密」小岩秀和さん(@koiwa)
–「Facebookビジネス活用入門」佐藤佳祐さん
–「Amandaで始めるかんたんバックアップ」大内明さん

・5コマ目: Lightning Talk & 閉会式
-まず、あっと言う間にLT発表枠が埋まって驚きました。
そして発表5名のうち4名が学生の活動に関する話題。

・懇親会: 〜そして末広へ〜
-今年も虎や(www.946toraya.com)のアルプススタンド席を借り切っての開催。
なんと52名という大所帯です。
気がつけば、その場にいらした方ほぼ全員がマイクを持って一言ずつスピーチしたり舟盛りや花咲ガニ、サンマの刺身で大変盛り上がりました。

・二次会: まさかの公式二次会
-こちらも43名が参加という驚きの人数で、お店貸し切りです。
会場はメインが一階のホールだったのですが、スタッフ席が二階にあるとの案内を頂いたので、そちらへ移動。
懇親会会費預かりという重要な任務を終えた安心感から、すっかり気が抜けてしまい、二階にいらした方々とはいろいろお話をさせて頂いたのですが、一階にいらした方々へご挨拶に伺えなかったのは大失敗。

・三次会: まだまだ続く、釧路の長い夜
-さすがに30名以上がこの後の時間から予約無しで行けるお店もなく、何組かにわかれ別々のお店へ移動。
僕らは歌の上手な店長が居るスナックあっとほ〜むへ。
気がついたらカラオケ熱唱とかしていました。

・四次会: そろそろおネムの時間
-たくさん喋って、歌って、おなかがすきました。大将で塩ラーメン。

その後、札幌へ引っ越しが決まった元ご近所さんのみやっち(@ameroe)と一緒にタクシーで、いつものローソンまで。

“いけださんに、心に響くカッコいい言葉もらったなう!”

とか言われたんですが、自分で何を言ったのかその直後で既に覚えていません。

・釧路観光ツアー: 澤田北海道ツーリストのバスツアー組と一緒
-20名超の団体で雨の釧路を観光。
昨年も家族でこのツアーのマイクロバスについて回ったんですが、正直、まともな釧路観光はこういう機会がないとしていなかった我が家。
なかなか雨脚が強かったので、屋内施設限定で行き先を探した結果が以下の流れ。

-和商市場で朝ご飯
これはバスツアー参加者の朝ご飯タイム。勝手丼とポカリスエットが人気でした。
ホテルに妖怪が出たとか、あれがおいしかったとかそんなお話を聞いてました。

-釧路市博物館
全館写真撮影自由という素敵な施設。
外観も立派でしたが、展示内容も素晴らしかった。
何故かデジカメを持って行かなかった事を非常に悔やみながらiPhoneでパシャパシャ。
すっかりム様になついてしまった長女。夜になると現れる妖怪の事など知りません。
フォトジェニック
博物館の階段
-泉屋
お昼ご飯です。無理とわかりつつもスパカツに挑み、半分も攻略出来ず惨敗。
アレは一気に食べないと油に負けますね。猫舌には無理です。

-太平洋炭礦炭鉱展示館
非常に小さな建物ですが、外観からは想像出来ない施設でした。
地下深くで石炭を採掘するための機械や施設の模型展示から、実機の展示、そして一番興奮したのが模擬坑道。
ヘルメットをお借りして、採掘機の運転席に座ってみたり。
楽しかったー。
模擬坑道
-ジャスコ
主に札幌へ帰る皆さんの飲食物を調達する為に。
マイクロバスを気軽に停められるスペースがあるお店も限られてるし。
ム様、ワカコさんと一緒に、何故かムスメ達もパンを買う。
澤田北海道ツーリストご一行をお見送りして、帰宅。

・このイベントを振り返って、自分自身のKPT(たくさんあるので二つずつ書いておく。)
-Keep:
–このイベントへスタッフとして参加する事
–バスツアー組に混じって釧路を観光する事
-Problem:
–懇親タイム、懇親会にて全力で懇親出来なかった事
–スタッフとしての気遣い、思考が足りなかった事
-Try:
–セッションで話す事
–すぐに感想とかをブログに残す事

当日の名札
ldd11fで使った名札

#946oss ミニイベントvol.1 発表関連(1)

パスワード・マトリクスの例
パスワード・マトリクスの例

発表資料はそのまま掲載出来ないので、別途記事を作成して公開します。

取りあえず、LDD’10/fall in KUSHIRO の時も含めて、意外と反響があったパスワード・マトリクスについて。

僕は、写真のような感じで、5x5マスの枠の中に英数字(大文字、小文字混在)が書いてあるモノを複数用意して(A4用紙に10個とか)使っています。
例えば、写真だと合計で10x10マスに不規則に英数字が記載されています。
この中で、自分なりにパスワードのルールを決めます。
左から3列目の上から4行目のマス(ここだと「3」)から右へ8文字など。
すると、この場合は「 3HvWFpQj 」という8文字の不規則な文字列が出来上がります。

こんな感じで、利用するサービス毎に「このパスワードは上から7行目」としてみるとか。あまり、凝った事をすると使い勝手が悪くなりすぎるので、適度な感じで。

職場の同僚が、エクセルで作ったモノなのですが、そのエクセルファイルを開くたびに、枠の中に表示される英数字が更新される仕組みになっています(どんな関数やマクロを使っているのかは知らないです←)。

プライベートで使うなら、キーボードを滅茶苦茶に触って、不規則な文字列を用意してもいいでしょうし、「パスワード生成」とかで検索すると、ランダムな文字列を生成してくれるサイトやサービス、ツールも見つかると思いますので、それらを利用して25マス分の文字を用意するのもアリかと。

いずれにしても、やり方は一つではないので手軽な、継続しやすい方法を見つけて利用し続けるのが安全だと思います。

皆さんのご参考になれば幸いです。